当事務所は日弁連旧報酬基準を参照しております。

*下記基準はあくまで目安であり、実際は依頼者の資力、事件の難易度などにより増減いたします。実際は、下記基準より安い金額でお引き受けしたり、着手金を分割払いにしたり、相手方に保険会社がついている交通事故など確実に金銭を得られる事件では、完全成功報酬にすることもあります。

 

一般訴訟事件(交通事故含む)
着手金の一般的例(消費税別)
経済的な利益の額が
300万円以下の場合 経済的利益の8%(最低額は10万円
300万円超3000万円以下の場合 同5%+9万円
3000万円超3億円以下の場合 同3%+69万円
成功報酬の一般的例(消費税別)
経済的な利益の額が
300万円以下の場合 経済的利益の16%
300万円超3000万円以下の場合 同10%+18万円
3000万円超3億円以下の場合 同6%+138万円

 

*調停のみの依頼の場合最大3分の2程度、示談交渉のみの場合は半額程度まで減額可能

離婚事件
調停事件:着手金20万~ 成功報酬(離婚に成功した場合)20万~
訴訟事件:着手金30万円~ 成功報酬30万円~

※ ただし、離婚に伴う慰謝料、財産分与などを受けるなど経済的利益があった場合には、「成功報酬の一般的例」記載の割合により成功報酬に上乗せします。

遺言相続事件

遺言書作成10万円~(内容により増額)   

遺言執行30万円~

遺産分割:着手金・報酬金共に以下の通り

(*ただし、争いのない部分については、時価の3分の1を経済的利益とします。)

着手金

経済的な利益の額が
300万円以下の場合 経済的利益の8%
300万円超3000万円以下の場合 同5%+9万円
3000万円超3億円以下の場合 同3%+69万円

報酬金

経済的な利益の額が
300万円以下の場合 経済的利益の16%
300万円超3000万円以下の場合 同10%+18万円
3000万円超3億円以下の場合 同6%+138万円

 

相続関係調査:5万円~

限定承認申立:20万円~

相続放棄申立:3万円~

 破産・個人再生事件

同時廃止事件(個人の方で、負債および保有資産の額が少ないため、「同時廃止」という簡明な手続で破産事件が終了する場合です。)

 

総額25万円~

 

管財事件(負債または保有資産の額が多いため、裁判所から破産管財人が選任されて、資産および負債の調査を行ったり、資産の売却・配当手続等を行ったりすることとなる場合です。)

 

総額35万円~

(ただし、別に裁判所に収める手続き費用が20万円からかかります

 

事業者の方(全て管財事件となります。また、代表者の方が同時に破産する場合がほとんどです。)

 

総額50万円~

 

個人再生事件

 

総額40万円~

個人の債務整理・過払金返還請求事件
着手金 1社あたり2万円
成功報酬 債務減額分の10%及び回収過払金額の20%

 

刑事事件
起訴前(被疑者弁護):着手金20万円~ 成功報酬(不起訴または略式起訴を勝ち取った場合)30万円~

起訴後(被告人事件):着手金20万円~

(起訴前からご依頼の場合減額)

成功報酬:無罪を勝ち取った場合 50万円~ 

執行猶予が付いた場合 15万円~

減刑の場合 軽減の程度に応じます

裁判員事件:着手金70万円~ 

成功報酬:無罪を勝ち取った場合 70万円~

他は起訴後のケースと同様

少年事件:着手金20万円~

成功報酬(審判不開始又は不処分を勝ち取った場合)30万円~

 

   被害者参加:着手金25万円~(裁判員事件の場合50万円~)

   告訴・告発:着手金10万円~        

 顧問契約

月額1万円(法律相談が3回まで無料となります)

月額3万円(法律相談に加え、関係法令・判例等調査、簡易な書類作成も請け負います)

月額5万円(契約書・内容証明など法律文書を月1通無料作成、訴訟など費用割引)

 

その他、詳しい基準については、日弁連旧報酬基準をご参照ください